「大江戸温泉 箕面観光ホテル」宿泊記

子育て中の親の心を軽くする!私のおすすめの育児本6選。

子育て中の親の心を軽くする!私のおすすめの育児本6選。

※2021年2月の記事を、2022年4月に大幅に編集しました※

2歳(記事投稿時)の息子を育てる私の「おすすめの育児本」について書きたいと思います!

おはぎ

本が好きで、2週間に一度は図書館に行く生活を5年間続けています。本屋さんで買うことも多いです。

また、読後はほぼ全ての本に関して、読んだ感想や学びを詳しくメモして残しています(メモ魔です)。

 

そんな私なので、「今まで読んで本当によかった、おすすめの育児本」を激選して紹介したい!と思いました。

 

「この育児本が良いから、絶対読んだほうがいいよ!」というのではなく。

スマホでの情報収集に疲れたら。色んな情報に左右されて、ちょっと本が読みたくなったら。良ければどうぞ

という気持ちで、おすすめしたいと思います。

子育て中の親の心を軽くする、おすすめの育児本6選

①世界標準の子育て(著: 船津徹)

今の所、家にある子育て本で1番参考になっている本です!

息子が2歳の今は、「根拠のない自信(自己肯定感)」、コミュニケーション力についての記述が特に参考になっています。

情報量が大変多く、「子どもが希望を持ちながら、自分らしい人生を生きていくために、親がしてあげられること」があますことなく盛り込まれています。

子どもの成長とともに、何度も読み返したいと思える本です。

【子どもの対象年齢】0〜18歳 | 【電子書籍版】有

 

②赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド(著: 清水悦子)

とっても有名な本です。寝かしつけ本の1冊目として、妊娠中から愛読。

赤ちゃんの安眠スケジュール寝かしつけ法授乳リズムなどについて分かりやすくまとめられた良書です。

私はこの本を読むまで「寝言泣き」というのを知らずにいたので、目からウロコでした…!

【子どもの対象年齢】主に0歳と1歳 | 【電子書籍版】有

 

③ママと赤ちゃんのぐっすり本 「夜泣き・寝かしつけ・早朝起き」解決ガイド(著: 愛波 文)

寝かしつけに苦労していた生後8ヶ月頃、友達に勧められて購入しました。

私はこの本をきっかけに、朝寝と昼寝のタイミングや長さをきちんと調節し、夜のネントレ(タイムメソッド)を開始しました。

おかげで息子は夜自分で寝る力がつき、起きているときも機嫌良く過ごしていられることが増えました!

「疲れすぎが、癇癪や夜泣き、早朝起きの原因になる」という記述も、当時何も知らなかった私には目からウロコでした…。

【子どもの対象年齢】0〜5歳 | 【電子書籍版】有

 

④小学校までにやっておきたい 男の子を伸ばす育て方(著: 清水克彦)

初めての育児で、子どもは男の子!

2人姉妹で育った私は、男の子がどういった生き物なのか見当もつかなかったため、妊娠中に購入。

「男の子は女の子より気持ちがくじけやすい傾向がある」
「男の子は甘えん坊。抱っこして話を聞いてあげる」など、

男の子をもつ新米お母さんのためになる記述が、随所にちりばめられた良書です。

【子どもの対象年齢】0〜6歳 | 【電子書籍版】無

 

⑤家事なんて適当でいい!(著: ボンベイ)

5歳の長女と2歳の次女と三女の双子(!)の子育てに奮闘するお母さんが書かれた本。

今ちょっと真面目な育児書はしんどい。自分が楽できる考え方とかのほうが知りたい!」というかたに(めっちゃ分かります)、おすすめです。

「自分が家事育児で『何を怠けるとストレスを感じるのか』を知り、最低限そこだけはやる」など、

先輩ママさんからの「良い意味で」ゆるくて心ほぐれる記述多数でした。

【子どもの対象年齢】- | 【電子書籍版】有

 

⑥16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える 「賢い子」に育てる究極のコツ(著: 瀧 靖之)

少し尻込みしてしまうタイトルですが、実際の内容は堅苦しすぎることなく。

子供も大人も、好奇心を持つことで、いつまでも健康に自己実現でき、毎日をより楽しく生きる」ような子育てを勧めてくれる本です。

図鑑や楽器、コミュニケーション…「脳の発達から見ると、何歳頃が能力が伸びやすいのか?」もわかりやすく解説されています。

【子どもの対象年齢】- | 【電子書籍版】有

 

終わりに(心が軽くなるような育児本に出会えますように)

以上、私を含めて「子育て中の親の心を軽くする」ような、

情報が信頼できてわかりやすくまとめられた育児本や、優しい語り口で書かれているような育児本を中心に6冊、選んでみました(^o^)

今日も子育て中のみなさま、本当にお疲れさまです!!

今回ご紹介した本は、どれも私が心からおすすめできる育児本ですので、よければ手にとってみてくださいね。

この記事を読んで下さったかたが、この中から1冊でも、読んで納得でき心が軽くなるような本に出会えましたら、幸いです。

 

きょうも最後までお読みくださり、ありがとうございます!

 

この記事が「良かった」と思ったらランキングバナー↓をポチッとお願いします!励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

コメントはお気軽にどうぞ(※記事内でコメントを紹介不可の場合は、その旨ご記入下さい)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)