「大江戸温泉 箕面観光ホテル」宿泊記

【感想】「妻、小学生になる。」は思わず夢中になるドラマ。

【1話感想】ドラマ「妻、小学生になる。」

2022年、新年の目標のひとつに「積極的なインプット」を掲げ、「すてきなドラマや映画を観たい」と言っていた私。

2022年1月クールのドラマで、早速すばらしい作品を見つけてしまいました…!!

「妻、小学生になる。」というドラマです。

 

ドラマ「妻、小学生になる。」について

ドラマ「妻、小学生になる。」とは


画像出典:「妻、小学生になる。」HP

「妻、小学生になる。」は、1月21日(金)夜10時スタートのドラマです。

原作は、「週刊漫画TIMES」に連載中の村田椰融(むらた やゆう)による同名の漫画です。

ドラマのあらすじ

新島圭介(堤真一)は、10年前に妻・貴恵(石田ゆり子)を亡くした元愛妻家。

妻が亡くなって以来全く生気がない日々を送っているため、周囲からは陰鬱な男に見られている。娘の麻衣(蒔田彩珠)もまた、部屋に引きこもってはゲームをしている。

2人の時間は、10年間止まってしまっている。

そんなある日、ランドセルを背負った小学生の女の子・白石万理華(毎田暖乃)がこの親子のもとを訪れる。彼女は「私は貴恵だ」と言って…。

ドラマ「妻、小学生になる。」1話を観た感想

先週末、録画していたドラマ「妻、小学生になる。」1話を観て、夫婦で号泣しました…!

みなさまにも是非おすすめしたいので、興奮気味に感想をここにしたためます。

観る者を思わず惹き込む家族再生のストーリー


画像出典:TVer(以下同様です)

いや〜、泣いてしまいました。本当に観て良かった。

ドラマ予告をテレビで観てから気になっていた、このドラマ。

そう、何が素晴らしいかって、

最初小学生の女の子が「私は貴恵よ。あなたの妻」と言って家にズケズケ上がってくるシーンでは「あ〜、フィクションの世界だ!」と思わずチャンネルを変えようとしたのに、

もう少しだけ…と観ているうちに、気付けばこの奇妙な物語に心が揺さぶられ、目が離せなくなっていったところ

 

貴恵の生まれ変わりの女の子・万理華が、2回め(だったかな?)に家に忍び込み、自分が昔(貴恵だった時代)作った家族アルバムを懐かしそうに眺めるシーン。

娘の麻衣が生まれてから成長を記録し続けたそのアルバムは、麻衣の10歳の誕生日のページで止まっています。

このシーンは、観る人にこの一家のあまりにも切ない歴史を感じさせると同時に、なんだか自分自身の家族や大切な人との思い出も彷彿とさせるのです。

このあたりから、まるで「自分事」かのように、この物語にどんどん惹き込まれていきました。

 

手のシーンが、良い

貴恵の生まれ変わりの女の子「白石万理華」役を演じる毎田暖乃(まいだ のの)ちゃん、素晴らしいです。

若干10歳にして、夫への愛情も、娘への母性も、見事に秘めている演技。すごいよ、この子は…(大拍手)!!

 

個人的には、万理華の手が映るシーンが良いと思いました。

元夫のおでこをペチっと叩くしぐさ、元娘のほっぺをつねるしぐさ…この物語では、「妻」として、「母親」としての温かさを象徴するのが「手」なのですよね。

「何もいらない。趣味もやりがいも、新しい人生も…。貴恵がいなくなってからの僕の人生は、余生なんだ」と圭介は言います。

すると万理華は「失ったものを見つめて、死ぬまで過ごすの?そんなふうに生きるには、残りの人生長すぎない?」と言って、圭介の頬を両手でそっと包みます。

この場面での万理華の真っ直ぐな表情もさることながら、圭介(堤真一さん)の泣き顔が本当にたまらない。あぁ、泣ける(語彙力)。ただただ、すばらしいシーンでした。

老けこんだ夫と若返りすぎた妻のラブストーリーに、夢中になる

「ママが死んでからもう10年だよ。なのになんで私たち、ずっと同じ場所にいるの?」と、麻衣は言います。

万理華が現れてから、圭介と麻衣はこれまでの10年を振り返り、少しずつ前を向き始めます。

 

「私が死んでから10年、ずっとそんな顔で生きてきたの?顔を上げなさいよ」と万理華に言われたことをきっかけに、

圭介が初めて顔を上げ、自分の住む街を見下ろしわずかに微笑むシーン。良いですね…!圭介の顔に少しずつ生気が戻っていくさまが、見ていてうれしくなります。(堤真一さんは泣き顔も良ければ、笑顔も素晴らしいと思う。)

 

身振りも考え方も話しぶりも何もかもが、亡くなった貴恵にそっくりな万理華。

「本当に、貴恵なのか?」

この子の中にはまちがいなく、貴恵が宿っている。圭介と麻衣はそう信じ始めるのです。

 

1話の最後、圭介と万理華の、小学校の前の通学路でのシーンと、自転車2人乗りのシーンはただただ温かい涙が流れますね〜!

見た目は完全に「おじさんと小学生の女の子」なのに、この2人が共に生きる未来を期待してしまう。願ってしまう。

1話の最後で、圭介は万理華にプロポーズをします。

「君が18歳になったら、結婚しよう!もう一度家族になろう。」

そうだ、それが良い!と観ていて思わず頷いてしまいました。10年越しの再会を果たした2人のラブストーリーを、これからも観ていたい。

(ですがきっと、物語は順調にはいかないのかも…)

 

とにかく泣ける。ところどころ笑える。そして誰もが、人生について深く考えさせられるドラマです。おすすめです!!

【後日追記】ドラマ「妻、小学生になる。」最終回まで欠かさず観ました。感想

ドラマ「妻、小学生になる。」最終回までしっかり見届けました!

個人的に、「1話から最終話まで、欠かさず観た」久しぶりのドラマとなりました!

(家に小さい子がいると、どうしても寝かしつけなどが発生するので21時台のドラマだと厳しいですが、

これは22時台だったことと、お気に入りで「どうしても観たい!」と思えるドラマだったので、がんばりました。)

最終的にはやっぱり貴恵は永遠の眠りについてしまったということで切なかったですがね…

圭介や麻衣、そして万理華とそのお母さん、ひとりひとりの今後に温かい希望を感じられる。

自分の身近にいる人との今の時間を、大切にしようと心から思える。

そんな、本当に素晴らしいドラマでした!!

 

ドラマ「妻、小学生になる。」はTVerでも観られます。配信期間終了しました。

 

原作漫画は、まんが王国eBookJapanで無料で試し読みできます(私も読みました!ドラマとはまた違った雰囲気で良き)。

 

 

是非みなさんも一緒に観て、読んで、ハマりましょう〜!

 

では、またね!今日も最後までお読みくださり、ありがとうございます〜!!

 

「読んだよ〜」の代わりに、良ければ↓ランキングバナー↓をポチッとお願いします!

励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

コメントはお気軽にどうぞ(※記事内でコメントを紹介不可の場合は、その旨ご記入下さい)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)