当ブログを覗きに来て下さり、ありがとうございます(*^^*)とっ散らかってますが、良ければゆっくりしていって下さいね。

イヤイヤ期の子連れで飛行機国際線体験記【おすすめの持ち物も】

【家族紹介はこちら^^】

こんにちは〜(^o^)

1歳10ヶ月、イヤイヤ期真っ盛りのだんご(息子)を連れて家族3人で先日シンガポールから日本へ本帰国した私たち。

ちょっともう聞いて下さい…これがひっちゃかめっちゃか、波乱万丈大波乱、「大変」の極みでした。笑


チャンギ空港到着後すぐ、シャトレーゼのどら焼きを食べるだんご。このときはまだ機嫌良かった…

だんごはひとりめの子どもですし、国際線自体今のご時世(コロナ)そんなに頻繁に乗るものでもないので、私たちも親として不慣れな部分もあったと思います。

そんな私ですが、一応今回は、「イヤイヤ期の子連れで飛行機国際線体験記」と題し、今回の体験やおすすめの持ち物なんかを皆さまに共有しようと思います。

イヤイヤ期の子連れで飛行機国際線体験記

空港到着〜ランチ〜飛行機搭乗前(すでに疲労)

余裕をもって、飛行機の離陸の3時間前にチャンギ空港に到着しました(でも最終的に若干急ぎ足になったので、もっと早くても良かったです)。


やはりとても空いていました…

機械でチェックイン(可能な場合、事前にスマホでチェックインしておけばよりスムーズです)し、スーツケースを預けたら、ランチを食べに行きました。

飛行機に乗ったあと食事が出るまで時間がかかることが多いので、しっかり腹ごしらえ必須です。

 

ターミナル3の3階にある中華料理店Paradise Dynastyでご飯を食べました(これがシンガポールで最後の食事でした…!)。

大好きな「幸せのカラフル小籠包」(と私は勝手に名付けている)が最後の食事で、大満足でした^^

「Paradise Dynasty」

65 #03-32, Airport Blvd., Terminal 3, シンガポール 819663

 

ご飯を食べたら、出国検査を通り、免税店エリアに入りました。

 

ターミナル3の免税店は、一部閉まっているお店もありましたが、大きめのお土産屋さん2店を含め、大体のお店は開いていました。

 

このあたりから、だんごのイヤイヤが本格化しました。

だんごはまっちゃ(夫)が抱っこしてくれていたのですが、だんごはとにかく前に進みたがり、私たちが少しでも戻ったりお店に入ろうとするともう大泣きです。

まっちゃが免税店でお土産のお菓子を選んでいる間、床で暴れておりました…(お店のかた、うるさくしてすみませんでした)。

 

免税店エリア〜手荷物検査〜飛行機搭乗前ゲートまでは、かなり距離がありました。

やはり空港は広いので、移動にけっこう時間がかかりますね。

(ちなみに手荷物検査では、水は本来はNGですが、「子どものお世話用」としてOKしてもらえました)

 

いざ飛行機搭乗、機内で暴れる息子(ひぇ〜)

飛行機に搭乗し間もなく、離陸のためシートベルトを付けるよう指示が出てからが、また大変でした。

まっちゃがだんごを抱っこし、小さな子ども用のベルトを大人のシートベルトに付けようとしてくれましたが、このベルトをだんごはとても嫌がりました。

自分が「嫌」と少しでも思ったら、大声で泣き叫び激しく抵抗します。

 

コロナの影響で、機内は数えてはおりませんが人は30組ほど?で多くはありませんでした。

それでも、だんごの泣き声が飛行機の一番前から一番後ろまで響いているのでは(多分響いていた…)と、気を遣い、それでもベルトはしなくてはならないので途方に暮れました。

泣きっぱなしの状態で離陸し、やっとシートベルトを取れるころになると、だんごはおねむの様子。

CAさんがバシネットを付けてくださり、そこで爆睡し、平和な時間が訪れました。

バシネットから足、はみ出る笑  /  足、格納。   

子連れで飛行機、おすすめの持ち物リスト

だんごは2時間ほど眠り、起きてきました。

早速手持ち無沙汰な様子です。

私たちも子どもが1歳になってからは子どもと一緒に飛行機に乗るのが初めてで、不慣れではありましたが、今回持ち込んだおすすめの持ち物リストはこんな感じです。

  • 水の入ったペットボトル
  • 新しい絵本やおもちゃ
  • 普段からのお気に入りのおもちゃ
  • ジュレ
  • なんだかんだ、お菓子と動画…

水の入ったペットボトル

こちらはなんてことないが、少しの間喜んで遊びます〜(↓手に持ってます)。

新しい絵本やおもちゃ


新しい飛び出す絵本(子どもの好きなイラストがあるのが良し←だんごの場合乗り物)

新しいおもちゃは、Lazadaで買ったクレヨンとRedmartで安かった塗り絵を持って行きましたが、なぜか本人がまったく興味示さずでした(失敗)。

もっと子どもに馴染みのあるキャラクター(アンパンマンなど)のもので、描くだけでなく積み木みたいに重ねたりして遊べる用途のあるこちら↓にしておけば良かったかも…。

↓帰国後買って、本人どんぴしゃでハマったクレヨンです↓

普段からのお気に入りのおもちゃ

普段からのお気に入りのおもちゃは、このシールブック(ダイソーチョンバルプラザ店で購入)と、本人お気に入りの音の鳴る「ことばのずかん」を持っていきましたが、

シールブックは良かったものの、音の鳴る「ことばのずかん」のほうは、思ったより周囲に人が多く、出せませんでした(これも失敗)。

音の鳴る「ことばのずかん」自体は、子どもの食いつきが良くページ数も多いので、とってもおすすめです!

↓帰国後、ママ友さんに教えてもらった「音の出る部分をセロハンテープでふさぐ」(なぜ気付かなかった〜)対策で音量下がりました↓

ジュレ

「小さな子どもが飛行機に乗る時は、耳抜きのためにジュレが良い」と聞いたので、本人も普段から気に入って飲んでいる物を用意しました。

ただこのジュレ、ふつうの飛行時に飲ませただけで、離陸時と着陸時は手元に置いておくのを忘れていました。。

今回はバシネット席だからか?、離陸・着陸時はすべてのかばんを頭上の棚に入れることを指示されたため、「あ、ジュレ…」と思い出したときにはすでに遅し、でした←これも反省点)

 

このジュレがお気に入りで、amazonでよく買っています。

お菓子と動画

あとはなんだかんだ、いつも食べているお菓子と動画でやり過ごしました…。。

↓このシリーズはシンガポールでもドンキでよく買っていたので、帰国後またamazonで買いました↓

映像は、iPadを持っていき、そのなかのapple TVやyoutubeにいくつか動画をダウンロードした状態で見せたりしました。

また、機内のテレビでもスヌーピー(本人お気に入り)が映ったので助かりました。

とはいえ、自分の席の場所だけでは退屈しグズっていたので、

後ろのほうの人があまり座っていない席にだんごと移動し(すみません)、そこでもテレビをつけたりして時間をやり過ごしました。

おわりに

今回、イヤイヤ期のだんごとの国際線は、想像以上にハードで気を使う経験でした。

飛行機を降りたあと、「ああ、最後に周りのひとに『うるさくしてすみませんでした』って言えなかった…」と少し後悔したりもしました(ご迷惑をおかけしたのは間違いなかったので、反応が怖くて言う勇気が出ませんでした)。

今更ですがこの場をお借りして、謝りたい気持ちです。。

 

全体的に少し凹む経験でしたが、今回の経験で後に活かせる部分は活かしつつ、引き続き日本で子育てをやっていきたいと思います。

今回の記事が、今後飛行機に子連れで乗るかたの少しでもお役にたてば、うれしいです。

 

よろしければこちらの記事もどうぞ

シンガポールで、子供と一緒に渡航前PCR検査をした話。 日本の空港到着後のコロナ検査と、シンガポールでの陰性証明作成方法

 

ではまたね〜!

きょうも最後までお読みくださり、ありがとうございます〜!!

 

「良かったよ〜」「また読みに来るよ〜」の代わりに、よければ↓ランキングバナーと、拍手ボタン↓をポチッとお願いします!

励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

13

コメントはお気軽にどうぞ (※いただいたコメントは記事で紹介する場合があります。紹介不可の場合は、その旨ご記入下さい)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)