私の買ってよかったもの、ご紹介しています

私の肩こりの悩みが解消した(?)きっかけ2つ

こんにちは〜(^o^)

 

突然ですが、私は特に産後からかな?ここ1〜2年ほど、繰り返す肩こりに悩んでおりました。

↓よろしければ…過去の奮闘記はこちら↓

肩こりで日本人の理学療法士さんのリハビリ@シンガポール 高槻(大阪・京都)の「肩こりの店」は本当におすすめのマッサージ屋。

体質的な部分もあるのかな〜と諦め半分で、ひどいときには週1でマッサージに行かなければならない日々を過ごしておりました。

 

が、しかし。

最近急に、肩こりが改善されたのです。

ということで今回は、私の肩こりが改善されたきっかけとして考えられることについてです。

肩こり改善のきっかけ?その1:食いしばりを気をつけ始めた

ちょうど1週間前に、家族で定期検診として歯医者に行きました。

私が最後に歯医者に行ったのは約半年前、歯の詰め物が取れたときです。↓

歯の詰め物が取れてしまい、日系歯科へ。@シンガポール

ちなみにこれ以前は、(海外に住んでいたこともあり)たぶん3年ほど歯医者には行っていませんでした^^;

 

なので、歯医者での普通の「定期検診」的なものは久しぶりだった先週の私。

そこで私が指摘されたのは、

歯科医さん:「習慣的に食いしばりがみられます。ほら、歯茎のここの跡や、ここの変色部分。

これは、日常的に歯を食いしばっていることによって起こるものですよ。

もしかして、頭痛や肩こり、ありませんか?」

おはぎ

頭痛はそんな、時々くらいですけど、肩こりはすごくあります。。

歯科医さん:「肩こりによって食いしばりが起こっているのか、食いしばりによって肩こりが起こっているのか、両方考えられますがね」

とのこと。。

 

「もし引き続き気になるようだったら、睡眠時用のマウスピースも検討できるのでおっしゃってください。

あとは、日々の生活のなかで、ほら、例えば家事をしているときなど、とにかくいつでも、食いしばらないように意識してみてください」

 

それから私は日常的に、食いしばりに気をつけて生活しています。

具体的には、口を常に半開きにする。口周りをリラックスするようにする

(口の半開きは、別の弊害がありそうですが。。😂出先でずっとやってたら風邪とかひきやすくなりそう… が、とにかく今は食いしばり対策が最優先事項です!)

 

そうしたならば!!

肩こりが起こりにくくなっていることに気がついたのです…!!

 

肩こり改善のきっかけ?その2:朝の運動を始めた

歯医者に行った前日から、実は私、早朝(だいたい5時半くらいから、20〜30分)ランニングを始めたのです。

 

きっかけは、肩こりがひどく、ついに(ちょっと怪しげな)1回に1万円くらいするというなかなか高額な整体に行ってみようかと検討しだしていた私に、夫のまっちゃが言ったひとこと。

まっちゃ

朝走ってみたら?いっぱつで治るで

まっちゃは以前から早朝ランニングを習慣にしており、「健康促進に役立つ!」と私に繰り返し力説してくれていたのですが、

ずっとなんやかんやと言い訳をつけて渋っていた私。

今回、私が早朝ランニングを始めるなら、(我が家にはまだ小さい幼児がいるため)「日がかぶるときは、時間を5時半より前と後で、交代交代で走るようにしよう」、ということで

私も走り始めるようになりました。

 

頻度は2日にいっぺんくらい。

ちなみに初日はランニングしっかりやりましたが、2回めからは徐々にウォーキングの比率が上がり始め、

今は「ウォーキング+ラジオ体操、ちょっとだけランニング」になってます。😂

 

そうしたならば!!

肩こりが起こりにくくなっていることに気がついたのです…!!

 

まとめ:どっちが肩こりに効いたのか?

ということで、まとめです。

歯の食いしばりを気をつけ始めたのとちょうど時を同じくして、朝の運動習慣を始めた私。

なので、どっちが私の肩こりに効果的に効いたのか、わかりません!!(何やっとんねん)

おはぎ

たぶん、どっちもかな??

なんにしろ、体がラクな状態が続けばよいな〜

 

肩こりに悩むかたは多いと思いますので、私のちょっとした経験が何かしらご参考になれば幸いです。

今後も体調をみつつ、また何か気づいたことがあったら共有しますね〜!

 

それでは日本のみなさまは、よき連休をお過ごしください。

他の国在住のかたも、お体ご自愛下さいね。

 

きょうもお読みくださり、ありがとうございます〜!!

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます!!

「良かったよ〜」「また読みに来るよ〜」の代わりに、よければ↓ランキングバナー↓をポチッとお願いします!

励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

6

コメントはお気軽にどうぞ (※いただいたコメントは記事で紹介する場合があります。紹介不可の場合は、その旨ご記入下さい)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)