妊娠初期の体調の記録(無気力、副鼻腔炎、つわり…)です。

妊娠初期の体調の記録(つわり、副鼻腔炎、無気力…)

先日ブログでも妊娠を報告させていただいたとおり、ただいま妊娠初期を奮闘中のおはぎです(大変ありがたいことですが、今はつわりで心身げっそり中…)。

今日は少しつわりがましなので、やっとブログが書けそう…!!(うれしい)と、久しぶりにキーボードを叩いております。

今日は、私が今経験している、妊娠初期の体調の記録を少しばかり書きたいと思います。

実に「誰得?!」な内容で恐縮ですが、今後もし何かのキーワードで検索画面でヒットしたりして、どなたかのご参考になることがあれば、幸いです!

妊娠初期(2人目)の体調の記録(つわり、副鼻腔炎、無気力…)

私の妊娠初期(2人目)の体調の記録です。主な症状としては、つわり、副鼻腔炎、無気力です^^; 以下、ほぼメモ書きの文体で失礼します〜!

つわり&食べづわり&食べやすいもの

今回の妊娠は、1人目の時には軽めだったつわりが結構出てきて、常に車酔いのような状態に(まだ吐くほどではないけれど)。

食べられるものもだいぶ限られてくる。ゼリー飲料や果物、麺類あたりにお世話になる日々。

料理への意欲も(いつも以上に笑)低下し、スーパーのお惣菜や楽天で買ったカネ吉のお惣菜、休日のまっちゃ(夫)の自炊などが非常に助かっています。

つわりで食べたい物が限られている一方で、「食べづわり」もあるのでちょっと空腹になるとかなり気持ち悪いし、なぜか食に対して貪欲にもなる。

Youtubeで大好きな森三中の食事動画やアマプラの「きのう何食べた?」など、自分の代わりに(?)食べ物を美味しそうに食べてくれる人ののほほんとした映像を好んで観る。

そんな今の私にとって食べやすいものは…

  • 梅干し(必需品。種をなめたまま、保育園の送り迎えなどする日々)
  • グレープフルーツジュース(これも必需品)
  • ゼリー飲料
  • フルーツ(いちご、ぶどう、キウイ…)
  • 麺類
  • トマト・時々ケチャップ風味のもの(パスタやオムライス)
  • 時々カレー

鼻詰まり

ふだん通っている耳鼻科では、「赤ちゃんの状態が一旦安定する妊娠12週までは、内服薬はやめておいたほうがいい」とのことで点鼻薬のみ処方された(※対応は各病院で異なると思います)。

副鼻腔炎

妊娠中で免疫力が下がっているのか、妊娠6週くらいのとき副鼻腔炎に(これがかなりきつい)。

妊娠中に副鼻腔炎になる人は、多いらしい。

耳鼻科に行くも、▲の継続の点鼻薬や鼻うがいで乗り切るようにと、1軒目の耳鼻科で指示される。

ただ私の場合は副鼻腔炎による頭痛や痰が本当にしんどかったため、2軒目の耳鼻科で抗生物質の点滴を受けた。

寒い冬を少し楽に過ごすためのアイデア2つ|点滴とタートルネックの話。

点滴を受けるにあたっては、耳鼻科の先生に「妊娠初期である」ことを伝え、点滴を受けても良いものか伺った上で(先生からの返答としては「点滴を受けたからといって、奇形児などが生まれる可能性は低いのでね。本人が希望するなら、やりましょう」といった感じ)、点滴を受けた(その後ちょっと回復)。

気管支炎

妊娠6週のとき、▲の副鼻腔炎と同じタイミングで、気管支炎も併発(こちらは内科で、妊婦でも飲める抗生物質や薬を処方してもらえた)。

昼も夜も咳が止まらず。

ちなみにこの「副鼻腔炎&気管支炎」のダブルパンチは、妊娠8週の時にもまた襲ってきて、この2回目の時はさすがに辛かった(泣)。

妊娠中だからある程度は仕方ないのだろうけど、一応これをきっかけに体質改善を真剣に考え始め、漢方の「小青竜湯」を飲み始めたり、朝夜の鼻うがいをきっちりやるようになりました(アドバイスくれたかた、ありがとうございます!)。

後日追記

朝夜の鼻うがいを習慣化したことで、妊娠中期以降はひどい風邪や気管支炎をひきにくくなった!

やっていないかたには、是非おすすめしたい健康習慣です。

頭痛

9週くらいから、少しのPC作業をするだけで激しく頭痛がするように。

食後や寝起きなども同様で、下手すればほぼ1日じゅう頭が痛い…。

緩和策

産婦人科で頭痛について相談したところ、「妊娠中でも飲んで良い頭痛薬」ということで「カロナール200(200mg)」(主成分:アセトアミノフェン)を処方される。

頭痛時に2錠ずつ(効かないときは3錠まで可)飲む。

効果は微妙だけれど、気持ちはいくらか楽に…。

THE 無気力…!

ひと月くらい前までは意欲的に書けていたブログも、なかなか書けなくなった(悲しい)。

頑張って書きたいのは山々だが、ホルモンバランスの変化に加えて体調も悪いし、とにかく少しでも複雑なことに対して意欲的になれない。

体と心のエネルギーの大半が「お腹の子を育てること」に集中しており、その集中を他の部分にそらすことが難しいという感じ^^;(これは一人め妊娠中もそうだった)。

妊娠初期から不調。でもやはり、妊娠期間は幸せです。

私の妊娠初期の不調と少しの緩和策を書き連ねるだけの、やはり「誰得?!」な内容になってしまいました。

しかし今はこれくらいしか書けることがなく、すみません!

色々書きましたが…それでもやはり、妊娠期間というのは幸せです。

だんご(1人目)を妊娠中の時から愛用している、「安心マタニティブック」。書き込んである黒の文字は1人目、青の文字は今回の2人目の記録。私はスマホのアプリより、こういう本の形で読み書きするほうが、わかりやすくて好きだ。

私の場合これが最後の妊娠になる可能性も結構あるので、お腹のなかに小さな命がある感覚を、忘れないようにかみしめている日々です。

後日追記

私はその後、妊娠14週くらいでつわりなどの諸症状はだいぶ緩和されました。

明けない夜はないです…!同じマタニティーの皆さん、お互いになるべくゆったりとした気持ちで過ごしていきましょうね。

最後にはなりますが、今この記事を読みながら、もし妊娠を望んでいるかたがいらっしゃるのであれば、きっと授かりますように。

そして、妊娠初期は何かと不安定なので、(私も含め)皆さまが授かったお腹の子がどうかすくすくと育ちますように。との心からの願いをこめて、記事を終わりたいと思います。

 

今日もお読みくださり、ありがとうございます!

 

 

「読んだよ〜」の代わりに、良ければ↓ブログランキングバナー↓をポチッとお願いします!(無料です)

励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

コメントはお気軽にどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)