ご覧下さり、ありがとうございます。とっ散らかってますが、記事を横目にくつろいでいって下さいね(*^_^*)

KK Hospitalでかかった妊娠中検診・出産費用@シンガポール

 

【家族紹介はこちら^^】

こんにちは〜!

今日は、前からずっと「書こう、書こう。」と思っていた記事。

おはぎ

どうも、おはぎです。私は2019年5月、シンガポールのKKHで帝王切開(逆子のため)で出産しました。

そんな私が、当時かかった妊娠中検診・出産費用について書きたいと思います〜(^o^)(←遅いわ。ww)

では、早速いきます!

 

妊娠中検診費用

こちらは、妊娠最初〜最後まで、計14回通院で、約3,970ドル(=約309,660円)でした

(お医者さんに勧められた検査やサプリメントなども、すべて受けました。)

※この記事ではすべて、1シンガポールドル=78円(2021年1月現在のレート)で計算しています※

 

出産・入院費用

mother fee(お母さんのケアにかかるお金)→8,603.98ドル
baby fee(赤ちゃんのケアにかかるお金)→1,341.09ドル
他関連費→602.28ドル

合わせて、10,547.35ドル(=約822,690円)でした
妊娠中の検診費用と合わせると、トータルで約309,660円 + 約822,690円 = 約113万2,350円でした。

私は費用をいくらか夫の会社に負担していただけましたが、それでもやはり安くはないですね(こちらの日系クリニックよりは安いかとは思いますが)。。

ちなみにこちらの出産・入院費用は、予定帝王切開でsingle bed room、3泊4日の料金です。
mother feeの方は、入院直前にひとまず$11,455を払いましたが、結局上記の金額しかかからなかったため、後日返金してもらえました。


↑入院直前に、この紙の黒マルしてある金額($11,455)をとりあえず支払い、後日多かったぶんを返金してもらえた。

ちなみに、今は費用は値上がりしているのかな?と思ってKKのこちらのページで検索してみました。

おはぎの場合出産時と同じ条件で、
上から「帝王切開(Caesarean delivery)」、「Foreign Resident」、「3泊4日」、「部屋タイプA1(=個室)」、「Medisave」はNo(これはシンガポール人とPR保持者が使える制度なので。でも詳しくないですm(_ _)m)。

結果、8,390ドルと出ましたが、これはbaby fee抜きのmother feeだけの金額かな…?(だとしたら、2019年からおそらく値上がりしてないということになるが)

病院に要確認ですが、一応少しは金額の目安になりそうですので、良ければ見てみてください。

費用について注意点と、あとがき

・私は産婦人科医は、Senior consultant(多分、この「Senior」がつくとちょっと高い。)のEdwin先生に終始お世話になりました。

(Edwin先生の名前は過去の他のかたのブログで知り、妊娠発覚後最初にKKに電話したときに指名しました。
この指名というのが、在住外国人には少々ハードル高い気がしますが、一応こんなの(KKの産婦人科医のリスト)も見つけたのでご参考にしてください。
Edwin先生のお名前がページ上にはないので、もうKKにはおられないかも…;)

・費用は、大体合っていると思いますが、一部微妙に誤差があるかもしれません。;

 

この記事が、今後シンガポールで妊娠・出産を考えていらっしゃるかたのご参考になれば幸いです。(⌒▽⌒)

そして何より、みなさまのご無事の出産を願って…。

 

よければこちらの記事もどうぞ。

出産体験記(シンガポールのKKHにて予定帝王切開) 【2020年】シンガポールで入手!ベビー用品必需品11選

 

きょうも最後までお読みくださり、ありがとうございます〜!!

 

↓楽天ルーム、始めました!

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事が「良かった」と思ったらランキングバナー↑と、拍手ボタン↓をポチッとお願いします!励みになりますm(_ _)m

3

コメントはお気軽にどうぞ (※いただいたコメントは記事で紹介する場合があります。紹介不可の場合は、その旨ご記入下さい)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)