ご覧下さり、ありがとうございます。とっ散らかってますが、記事を横目にくつろいでいって下さいね(*^_^*)

情報に触れることと、日々をしみじみと楽しむこと。

【家族紹介はこちら^^】

こんにちは〜^^

今日は、私が最近漠然と感じていることについて書きますね。

突然ですが私は今、これを読んでくださっている方みなさんに、そして誰より自分自身に、こう問いかけたいのです。

日々の生活が、「情報」に追われてしまってはいないだろうか?

(「え?別に追われてませんよ?」というかた、失礼しました。

今回の記事は「あ、もしかしたら自分、そうかも…」と思うかたに向けた記事です)

 

テレビやニュースサイトで、コロナの最新情報を追っては気持ちがふさぐ。

時間さえできれば、SNSやラインで誰かの近況をチェックしがち。

 

それだけじゃない。

今の人は、情報の「受信」だけでなく、「発信」も忙しかったりする。

街でなにかきれいな風景や素敵なお店を見つけたら、まずこの目でそれを焼き付ける前にスマホを取り出し写真を撮る。

そしてまるでそうすることが義務であるかのように、写真をSNSやブログにアップする。

何か自分の身に起こったことや知り得た情報は、詳細に記録し「〇〇まとめ」としてやはりアップする。

 

SNSの活性化により「インフルエンサー」と呼ばれるような人がたくさん出てきて(ちょっと前からだけど)、

「有益な情報を発信できる人こそが優れている」という感覚におちいりやすい昨今だと思う。

Twitterのプロフィール欄に「有益な情報はつぶやきません」って言葉をよく見るのですが、

Twitterって元々は(その名の通り)心の中にぼそっと浮かんだ言葉を「つぶやく」場所だったはず。

今の世の中には「情報」があふれるばかりで、人の「思い」や「人間らしさ」みたいなものが、見えにくくなってきている気がします。

私はさくらももこさんのエッセイ(もちろん漫画も)がとても好きで、

過去の記事(「春の日のこと」)でも、エッセイ「そういうふうにできている」から好きな文章を紹介したことがあるのですが。

今回は「ひとりずもう」というエッセイの「あとがき」に書かれている文章が、とても良くて日々思い返すようにしているので、ご紹介します。

毎日、人の数だけ違う事が起こっている。同じ日なんて無い。一瞬も無い。自分に起こる事をよく観察し、面白がったり考え込んだりする事こそ人生の醍醐味だと思う。

今、この言葉の良さを改めて感じています。

私ももっと日々をしみじみと、観察したり、面白がったりしたい。
「あーでもない、こーでもない」と1人で色々と考えたい。

そしてもちろん、そのなかで「これこそは…!」と思うことがあれば、ぜひ情報や考えを共有していきたい。

なんとなく考えていることを書いたので、あまり上手くまとまりませんが。

最近はそんな風に、思うのです。

 


ひとりずもう (kindle版/単行本/文庫本)[Amazon]


そういうふうにできている (単行本/文庫本)[Amazon]

 

きょうも最後までお読みくださり、ありがとうございます〜!!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事が「良かった」と思ったらランキングバナー↑と、拍手ボタン↓をポチッとお願いします!励みになりますm(_ _)m

6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)