私の買ってよかったもの

【読書感想】「一億総SNS時代の戦略」は面白くためになるエッセイ

こんにちは〜!

 

最近は日本各地で、ひどい雨が続いていますね…

なかなか外に出られないような、そんな日におすすめしたい「読んでよかった本」シリーズを、久しぶりに書きます。

 

以前SNSで、フォロワーさんがおすすめされていて知った本一億総SNS時代の戦略


一億総SNS時代の戦略

カレー沢薫(かれーざわ・かおる)さんの著書で、

「疲れない、ほがらかSNSライフの送り方」について、自身の経験をまじえながら綴られたエッセイ本です。

おはぎ

ユーモアあふれる軽快な語り口に、「分かる、分かる」「たしかに…」と、ページをめくる手が止まらない。

とってもおもしろかったです

 

この本はこんなかた向け
  • SNSをよく利用するかた(とくにTwitter・Instagram)
  • 「SNS疲れ」を感じることのあるかた
  • SNSでフォロワーを増やしたいかた
  • シンプルに、SNSやスマホ、情報社会についての「面白いエッセイ本」を読みたいかた

 

今回は本「一億総SNS時代の戦略」の、特に印象深かった箇所などをご紹介します。

「一億総SNS時代の戦略」(著:カレー沢薫)は面白くもためになるエッセイ本

カレー沢さん自身が自称「SNS中毒」

著者であるカレー沢さんはこの本の中で、ご自分でも

「1日1万回感謝のエゴサーチを欠かさないツイッター中毒」

「ツイッターは約10年間、休むことなく1日68時間やり続けている」と書かれているほど「SNS中毒」のかた。

それほどSNSに長時間触れている著者だからこそ、とても面白くて人間味あふれた内容になっているのが印象的でした。

ちなみになのですが…この本には、(よく本の最後のカバー部分に印字されているような)「著者のプロフィール」が無いのですよね。

ですがだからこそ余計に、私は読み始めてすぐ、カレー沢さんのことが「身近な存在」として親しみをもって感じられたのかもしれません。

私も夫がソシャゲしているのを見ると「もしかして、すごく課金しているのでは?」と心配になるのだが、

そう思っている私がまずハチャメチャに課金している。

という文章が本の後半にあるのですが、私はここで初めて「あ、カレー沢さんは女性なのか」と知った次第です(それまで性別すら存じ上げずに読み進めていた…)。

SNSをやる人なら誰もが共感できる内容

私も、

おはぎ

誰かに自分の呟きを聞いてほしい。(また、時には)あわよくば、細々と書いているこのブログを少しばかり宣伝したい…

という気持ちでTwitterをよく見たり呟いたりしている「SNS世代」の人間です。

そんな私を含め、SNSを少しでもやる人なら誰もが共感できる文章が、この本にはちりばめられています。

特に、

「今日はちょっとメンのヘルの調子が悪いな」という時はSNSを見ないことをお勧めする。

や、

SNSはおもしろいことをつぶやくよりまず「言っちゃいけないことを言わない」ことの方が大切なのだ。

といった記述には、「そうだよなぁ…!」と、思わず頷かずにはいられませんでした。

スポンサーリンク

おわりに

今回は、最近私が読んでとにかくおもしろかったカレー沢薫(かれーざわ・かおる)さんの著書「一億総SNS時代の戦略」をご紹介しました。

ご興味のあるかたはぜひお手にとってみて、読書を楽しまれてみてくださいね。

 

 

 

+゜・。○。・゜+゜・。○。・゜+゜・。

 

↓よろしければ、こちらの「読んでよかった」な記事もどうぞ↓

【書評・感想】「読みたいことを、書けばいい。」書くことを楽しみたい全ての人へ。 【書評・感想】「医者が教える食事術 最強の教科書」を読んで。

 

↓2021年、私が本当に買ってよかったものはこちら↓

【2021年】30代主婦が本当に買ってよかったもの11選【おすすめ】

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます!!

「良かったよ〜」「また読みに来るよ〜」の代わりに、よければ↓ランキングバナー↓をポチッとお願いします!

励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

↓よろしければ、こちらも…m(_ _)m

4

コメントはお気軽にどうぞ (※いただいたコメントは記事で紹介する場合があります。紹介不可の場合は、その旨ご記入下さい)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)