「大江戸温泉 箕面観光ホテル」宿泊記

大阪のコロナの実情と、地域の住民として、ブロガーとして、思うこと。

こんにちは!

今まであまりコロナや息子の保育園のことはブログで書いてこなかったのですが、今日は近況報告も兼ねて、少し書きたいと思います。

オミクロン株が猛威を振るっていますね…。

大阪はかなり厳しい状況で、昨日までの5日間では毎日、1日の感染者数が9,000人を超えています。

息子の保育園のことと、言われて悲しかったこと

現状、息子の保育園はほぼ登園不可となっています。

【園内で陽性者が出て以降、濃厚接触者などの確認の上、登園の条件として「非濃厚接触者であっても、PCR検査もしくは薬事承認がされている抗原検査による陰性結果が必要」になりました。

ですが現状、検査キットは私の地域では大変不足しており、無症状の子どもが検査を受けるすべはほぼありません。

市のHPには「検査希望の場合は、まずかかりつけ医に行くように。医者が検査必要と判断した場合、検査場の紹介などを行う」としか書かれていませんが、かかりつけの小児科でもやはり不可でした。】

仕方ないですね…。

 

実は今回、同じ地域のかたからの情報が欲しくて↑の保育園事情を少しツイッターで呟いたところ、

「検査キットが不足してるのに、そんな理由で小児科に行くな」というような批判をされました(まったくつながりのない、見知らぬ人から)。

もっともと言えばもっともなのですがね…そのかたからは攻撃的なことを色々と言われ、なんだか悲しい気持ちになり、ツイートは削除しました。

 

刻一刻と状況が変化する中、私のように混乱しているご家庭は多いと思います。

私は市内に連絡を取り合えるようなママ友もおらず、細かい部分の情報が不足していたため、SNSで情報を求めたところだったのですが…。

こういった状況下で、悪意のない特定の個人や団体を感情のままに批判するのは、避けるべきことだと、個人的には感じています。

 

「言葉」について、いちブロガーとして、思うこと

話は少しそれるのですが、実は私は先日、開業届を提出し「フリーランスのブロガー・webライター」になりました。

(開業届の作成や申請自体は、「開業freee」というサイトで簡単にできます)

フリーランスになったからといって、私の状況は今までとそんなには変わらず、家事・育児の時間以外でwebライティングに携わっているというだけなのですが。

 

ですが、(一応の形だけでも)フリーランスになったことに加え、先に書いた「悲しかった言葉」の件などもあり、

「社会において、言葉を発することの責任の大きさ」をより感じている最近です。

言葉というのは、人の心を沈ませることもあれば、耕しもすると思っています。

まだまだ未熟ではありますが、言葉を扱う人間として、「読んでよかった」と思ってもらえるような文章が書けるよう、精進していきたいです。

 

後半、自分語りが長くなってしまい、すみません〜!

 

おはぎ

とにかく今は、生活の中にささやかな幸せやありがたみを見つけて、情報に注意しつつ過ごしていくしかないと思っています。

この記事を読んで下さっているみなさまも色々な状況にあると思いますが、どうぞお気をつけて、ご自愛くださいね!

 

おまけ:▼私おはぎは、今日初めて、息子のためにお弁当を作りました!

 

今日もお読みくださり、ありがとうございます!

 

コメントはお気軽にどうぞ(※記事内でコメントを紹介不可の場合は、その旨ご記入下さい)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)