私の買ってよかったもの、ご紹介しています

大切な記念日の過ごし方。

先週末の休日は、私たちにとって大切な日だった。

そう、まっちゃの誕生日 兼 結婚3年記念日!!

この日は思い切り(まぁいつもそうなんやけども)自分たちらしく過ごそうということで、
朝寝坊して、ゆっくり朝兼昼ごはん(前日の晩御飯の残り)を食し、テレビを見て、準備してようやっと15時ごろから(←)出かけた。

行先は、初めて行くところ、National Gallery Singapore

2015年のオープンから新観光名所として注目されていた場所のようですが、今まで行けてませんでした~!

f:id:ohag1:20201106175545j:plain

内部は旧最高裁判所(スプリームコート)と旧市庁舎(シティ・ホール)の2ウイングに分かれていて、大変広いです。

 

おはぎの一番の目当てはこれ、


「National Language Class」(By Chua Mia Tee、1959)
(1959年、イギリスの自治領として事実上独立したシンガポールで、国語となったマレー語を学ぶ華人の様子が描かれている)

国語(National Language)はマレー語、公用語(Official Language)は英語、標準中国語、マレー語、タミル語。
(このページシンガポールの言語事情、4つの公用語とシングリッシュの説明がわかりやすいです~)
そんなシンガポールの多言語社会の歴史を感じるこの1枚・・・いいわあー。。。

 

このギャラリーの一番の目玉はたぶんこれ、

f:id:ohag1:20201106175824j:plain

f:id:ohag1:20201106175834j:plain

「Boschbrand (Forest Fire)」(By Raden Saleh、1849)
火事で断壁に追いやられた動物たち・・・すごい迫力。

 


「Couple」(By Lee Hock Moh、1980?)

テラスからは眺めがよくて気持ちいい。

f:id:ohag1:20201106180013j:plain

シンガポール関連やアジア人の作品がたくさん見られて、おもしろかった~!

 

そのあとはカフェで、まっちゃはビジネス本を読み、私はまっちゃに今度の旅行のことを相談したり(←勉強の邪魔)。

 

来る旧正月(2/16~)に向け中国系の催しが盛んにおこなわれるRaffles Cityにて
龍の舞を見たり

物産展をのぞいたりした^^

 

晩御飯は、今のところシンガポールでたぶん1番といって良いぐらいに気に入っている、オーストラリア人シェフ監修のお店、
Salt Tapas & Barにて。

こんな所そんなしょっちゅうは来られないけども、時々は。
やっぱりものすごくおいしかった・・・!
ごちそうさま。

 

それでちょっと真剣な話になるけれども、結婚3周年を迎えて思うこと。

実は私はこの記念日の数日前、友だちから、心が締め付けられるような知らせをきいていて、
本当にショックで、この1週間、そのことが心の大部分を占めていました。

人の存在、今の日常が普通に存在していることがどれだけ尊いことか。
改めて夫婦で胸に刻んでおこう、と話をした、そんな3年記念日でした。

そしてまっちゃ、誕生日おめでとう!!

 

このブログの読者の皆さまにとっても毎日が素敵な日々でありますように。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

0

コメントはお気軽にどうぞ (※いただいたコメントは記事で紹介する場合があります。紹介不可の場合は、その旨ご記入下さい)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)